MOSAIC | ONLINE RECORD STORE RECORD STORE

“REVOLUTIONARIES”から感じる70年代ジャマイカ

| ,

REVOLUTIONARIES(レヴォリューショナリーズ)というバンドは、70年代中頃にスライ&ロビーが中心となって誕生したグループとして有名です。そして、その時代のジャマイカの音楽業界特有と言える、少し変わったエピソードを持ったバンドでもあります。

まずレヴォリューショナリーズのメンバーは流動的で、更にレーベルやオーナーによってバンドの名義を使い分けています。
基本的にはチャンネル・ワンのハウスバンドがレヴォリューショナリーズ、バニー・リーの元ではアグロヴェイターズ、ジョー・ギブスのハウスバンドではプロフェッショナルズ等と言われています。
多くに記述されている通り、どのグループ内でもメンバーが重複している上、アルバムによっては楽器ごとのクレジットが無かったりするので参加ミュージシャンの詳細は定かではありません。
とは言え、記載があったとしてもクレジットが間違っていることが少なくない(当時は)。
他人が作ったトラック(リディム)を使い回すことが良しとされていたり、日銭を稼ぐために飛び入りでスタジオ演奏したりするのが当たり前であったジャマイカ特有の大らかな風土を感じるエピソードと言えます。

昔レゲエ&ダブマニアの先輩が、曲を聴いただけでクレジットに載っていないミュージシャンを当ててしまうという特技を持っていて、その離れ業を目の当たりにした時にはいたく感銘を受けました。
今思えば確かめようがないので何とでも言えますが…。
レゲエはある意味、そのいい加減さや不親切さがこちらの妄想を掻き立て、ああでもないこうでもないとファン同士で語り合える独特の魅力を持った音楽ジャンルと言えます。

70年代中〜後期のジャマイカの雰囲気は「ロッカーズ」や「ルーツ・ロック・レゲエ」などの映像作品でも感じることができます。そういった情報を頭に入れて、当時のジャマイカに思いを馳せながら改めて曲を聴くと更に味わい深いものになります!

MOSAIC ONLINE STORE

【LP】THE REVOLUTIONARIES/DUB EXPRESSION<DUB STORE RECORDS JPN>
¥2,880-